第4章 想いの行方

総合TOPディシディア012(DDFF)>第4章


寸劇会話集

冒頭

○ジェクト
なんだ……誰もいやしねぇ いるのはイミテーションとやらばかりか

○ユウナ
イミテーションのことコスモスに報告しないと 急ぎましょうジェクトさん

ジェクトに話す

○ジェクト
こんなザコどもとっとと片付けちまおうぜ! コスモスのとこまでまだ結構かかりそうだしな!

ガードリング入手

○ユウナ
これアクセサリだよね 持っているものと組み合わせてみようかな

メルモンド西のひずみクリア後

○ジェクト
なんだここは……それにユウナちゃんがいねぇ まいったな おーーいユウナちゃーん!

○ユウナ
おかしいな 外に出たと思ったのに それにジェクトさんさんがいなくなっちゃった
はぐれちゃったのかな……どうしよう

その後のムービーシーン

○ユウナ
ジェクトさん
ジェクトさん どこ?
いない──ひとりか
いなかったら探さなきゃ ──そうだ
指笛聞こえたりしてね この世界だったら会えたりするかも
そんなことあるわけないか

○ティーダ
悪い 驚かせたか?
あんたさ ここ危ないぞ
早くどっか行ったほうがいいよ

○ユウナ
ティーダ

○ティーダ
あんたとどっかで会ったっけ?
ま いいや じゃオレ急ぐから

○ユウナ
ティーダ
間違ったりしない ティーダだよ
待ってティーダ!

メルモンド西のひずみから脱出

○ユウナ
聖域にみんなが集まったときティーダはいなかった キミはカオスの戦士ってこと──なんだよね
わたしのこと忘れちゃってた……?一緒に戦ったことも?ジェクトさんのことも?
……追いかけよう 話をすれば思い出してくれるかもしれない

メルモンド北のひずみに入った時

○ユウナ
ジェクトさんティーダ……ここにもいない 元気出さなきゃ
大丈夫拾ったものをうまく使いこなせばひとりでも切り抜けられるよね

○ジタン
ユウナ!もしかしてひとりなのか 大丈夫だったかい?

○ユウナ
ジタン!無事だったんだね わたしは平気 一緒にコスモスのところへ行こう

ラムウ入手

○ラムウ
雷を乞い願うのだ そなたの敵に裁きの鉄槌をくだそう

○ユウナ
あなたは……ラムウ? でもわたし……

○ラムウ
呼びかけには応じぬ そなたの機器に参ろう……

○ユウナ
わかりました よろしくお願いします

ジタンに話す

○ジタン
ユウナどうしたんだ? 元気ないみたいだな
ほら笑って! やっぱユウナは笑顔がいちばんだぜ!

北へ移動

○ユウナ
(ティーダ……誰かを探してるみたいだった やっぱりジェクトさんを探してるのかな……)

さらに北に移動

○ジタン
あれは……!
悪い!オレ先に行かなきゃならない ユウナ無理しないでくれよ!

○ユウナ
えっ── あ ジタンも気をつけて……!

メルモンド北のひずみから出た時

○ユウナ
ジタン大丈夫かな 誰かを見つけたみたいだったけど……
──わたしも探さなきゃ ジェクトさんもきっとこっちに向かっているよね

神殿を望むひずみに入った時

○ユウナ
気持ちが落ち着かない…… 今は戦うことに集中したいのに

神殿南のひずみに入った時

○ユウナ
なんだか嫌な予感がする…… カオスの戦士が近くにいるのかな
回避やガードよりもっと強引に反撃できる隙を作りたいけど──

混沌の烙印に触れた後のムービーシーン

○ジェクト
何でおめぇがこんなとこにいやがんだよ

○ティーダ
あんたを倒すためだ 他に理由なんかあるわけないだろ

○ジェクト
ケッ あれか? オレを倒すために呼ばれたってヤツか
どんだけオレの後ついてくりゃ気が済むんだ おめぇはよ!

○ティーダ
ぐだぐだ言ってんじゃねえよ 構えろよ ビビってんじゃねえ

○ジェクト
バカ野郎が うまく操られやがって
上等だ 覚悟しろよクソガキ

○ユウナ
ジェクトさん

○ジェクト
ユウナちゃん?

○ユウナ
待って──
待ってください

○ジェクト
ユウナちゃん このバカはオレが面倒見る
危ねぇから下がってな

○ティーダ
ユウナ……?

○ユウナ
ダメ── ダメです
話せばわかります 絶対に思い出してくれる
お願い わたしに時間をください

○ジェクト
ユウナちゃん

○ユウナ
ねえ わたしユウナ
召喚士のユウナだよ

○ティーダ
知らない名前だ
そこをどけよ オレの戦いだ あんたに関係ないだろ

○ユウナ
関係ある──
関係あるよ
ねえ わたしたち一緒に旅してたよね
わたしも全部の記憶はないけど でも──
キミのこと覚えてるよ ちゃんと覚えてる

○ティーダ
オレは……

○ユウナ
キミはわたしを守ってくれて いろんな話をしてくれて

○ティーダ
そんなことした覚えは──ない
どけって言ってんだろ 死にたいのかよ

○ユウナ
どかないよ キミはそんなことしない

○ティーダ
何を言って──

○ユウナ
ティーダ
わたしキミに会いたかったんだ
思い出したらきっと戦わなくて済むよ 思い出すまでわたしがキミを守るから
だから一緒に行こう?

○ティーダ
オレは──
危ねぇ

○ユウナ
え?
ティーダ

○ジェクト
おい
おい しっかりしろ

○皇帝
フン さすがに息の長い戦士だな
他人の記憶まで無駄に呼び起こしてくれる

○ユウナ
あなたはカオスの──

○皇帝
ジェクトを倒すために呼ばれた駒のはずが別の敵を守って倒れるとは情けない
貴様が現れなければもう少しマシな悲劇が見られたものを

○ユウナ
ジェクトさん ティーダをお願いします
覚悟してください わたしあなたを倒します

皇帝戦前

○皇帝
ヤツを看取ってやらずとも良いのか?

○ユウナ
ティーダは…絶対死なせません!

皇帝戦後

○皇帝
ほう?どうやら興味深いやり取りがあったようだな

○ユウナ
ジェクトさん?

○皇帝
己の力を息子に与えた── 奴の身体は空の器か
思わぬ品が手に入ったようだ 私はこれで退散するとしよう

○ユウナ
まだ決着はついていません!

○皇帝
すでについているも同然だ

○ユウナ
何を──

○皇帝
貴様らの相手はイミテーションで事足りる
奴らに食われその男ともども消滅するがいい

○ユウナ
ジェクトさん?
ティーダ
ティーダ目を開けて
ジェクトさん……
どうしよう わたしどうしたらいいか

○ラグナ
ユウナ!

○ユウナ
二人とも

○ヴァン
おい大丈夫か?こいつは?

○ラグナ
ユウナ?

○ユウナ
何から話していいか

○ラグナ
まず落ち着いて
ゆっくりでいいから話してみな

○ラグナ
事情はわかった
だがヘコむことないぞユウナ君
よく考えてみたまえ
連れてかれたってことはあのオジサンは死んでないし
こっちのティーダ君はぐっすり眠ってるだけだ

○ヴァン
一発殴ってやれば起きるんじゃないか?

○ラグナ
少し空気を読みたまえヴァン
で ユウナ 殴る蹴るは別として

○ヴァン
蹴るなんて言ってないぞ

○ラグナ
彼をどうするにしたってオレたちは他のカオスの奴らとは戦わなきゃならない
だとすりゃユウナやオレたちに今できることって──
ここでどんより暗くなってることじゃないよな?

○ユウナ
はい 確かにそうです

○ラグナ
よし じゃあけってーい!
沈んでないで前に進もうユウナ

○ユウナ
はい

攻略チャート

メルモンド西のひずみ データ

  • この章ではユウナが操作キャラクター。装備を怠らないよう。ジェクトがアシスト。
  • 混沌の烙印に触れればクリア。

入手アイテム

木綿のローブ (北側の宝箱) ガードリング (中央の宝箱) ヘアバンド (南側の宝箱)

ワールドマップ

  • 東へ進む。モーグリの店がある。
  • さらに先に赤の「メルモンド北のひずみ」が。

入手アイテム

EXチャージ (北の岬付近の宝箱) ロゼッタ石 (東の岩を破壊すると行ける島の宝箱)  

メルモンド北のひずみ データ

  • ジタンがアシストになる。
  • スタート地点近くの模倣の暴君は召喚獣のバハムートを装備していて手強い。
  • 混沌の烙印の手前のマスまで来るとジタンが離脱。烙印に触れればクリア。

入手アイテム

オークスタッフ (宝箱) ラムウ (召喚石)  

ワールドマップ

  • 3章でも通ったエリア。青いひずみ「神殿を望むひずみ」があるが構造は全く変わっている。
  • 同じく神殿南のひずみもやはり赤いひずみとして存在。

入手アイテム

ヲルバのビーズ (腐敗の予感のひずみ跡付近の宝箱) スキル:ケアル (神殿南付近の岩を壊して行ける島の宝箱)  

神殿南のひずみ データ

  • 神殿を望むひずみにもあるが、完全に孤立している足場があり、これはチェインスキルを使わないと戦うこともできない。
  • 混沌の烙印に触れると皇帝との戦いに。強いので自信がなければ勇気の意志を装備しよう。
  • 皇帝を倒すと4章終了。

入手アイテム

ピンクのしっぽ (西側の宝箱) 勇気の意志 (東側の宝箱)  

総合TOPディシディア012(DDFF)>第4章