第2章 揺るぎない瞳

総合TOPディシディア012(DDFF)>第2章


寸劇会話集

出会いと裏切りのひずみのカオスのしるしに触れる

○ヴァン
あれ 誰かいる──

○ティナ
破壊……敵はみんな破壊……
おまえも敵……破壊する……!

○ヴァン
うわっ!?

ティナ戦前

○ティナ
コスモスの戦士…敵…

○ヴァン
確かに敵かもしんないけどさ──

ティナ戦後

○ティナ
くっ……破壊しなきゃ……ううっ……

○ヴァン
なぁもうやめとけよ オレもやられる気なんてないしさ──

○ティナ
いや……破壊……うぅっ うあああっ──!!

○ヴァン
あ── 飛んでっちゃった……

ワールドマップに帰還

○ヴァン
なんだったんだろうさっきの子 様子がおかしかったけど
敵──か コスモスとカオスって何なんだろな ま とりあえずオレは聖域に向かわないとな
確かあそこのでかい雪山の奥にむこうに行けるひずみがあったよな

グルグのひずみ突入後

○ヴァン
おっ宝箱だ! でも敵が邪魔だな──
よし一気にまとめてやっつけてやるか! あのデカい奴は……どうしようかな?

イフリート入手時

○ヴァン
地獄の火炎って──どこかで聞いたことあるな あんたのこと知らないけど手伝ってくれるのか?

○イフリート
……我が名はイフリート 調和の神に仕えし者にこの力を託す

○ヴァン
ふーんそうなんだ じゃあ……よろしくなイフリート!

グルグのひずみで南東方向に移動

○ヴァン
イミテーションの奴ら逃げ回ったりして戦いにくいんだよな!
フリーエアダッシュで一気に距離を詰めてズバっと攻撃してやる!

グルグのひずみのカオスのしるしに触れる

○ケフカ
戦いたくない?またご冗談を
喜んでそこらじゅうをみーんなぶっ壊してたの──
どこの誰だっケナ?

○ティナ
違う……私は──

○ヴァン
あれ さっきの……

○ケフカ
おまえはモンスターなんだ 破壊の力を持った破壊のための生き物
そんな奴に戦わないなんて選択肢はないんだよ
あんまりわがまま言うとお仕置きしちゃうよ

○ティナ
私は──

○ヴァン
あれって仲間内のケンカだよな
だとしたら放っておくしか──

○ケフカ
しょうがない もうちょっと強めにやっとくか
ほーらおまえのせいだからね

○ティナ
うあああ!

○ヴァン
おいやめろ

○ケフカ
はあ?何?どちら様?
僕ちんいま忙しいんだ 引っ込んでてくれる?

○ヴァン
聞こえなかったんならもういちど言ってやるよ
やめろって言ったんだ

○ケフカ
あ そう
じゃ死になさい

ケフカ戦前

○ケフカ
邪魔者は容赦なく排除します

○ヴァン
排除されんのはおまえだよ

ケフカ戦後

○ケフカ
ただの目立たないガキかと思ってたけど
面『白』い なかなかやるじゃないですか

○ティナ
えっ?

○ヴァン
ほらボーっとすんなよ 行くぞ!

○ケフカ
へ?

○ヴァン
勝負はまた今度
この子オレが預かるからさ じゃあな

○ケフカ
はいお疲れ様でした〜(字幕には出ない)
あ──預かる?
な〜にが預かるからさ!だ
どうせソイツは僕ちんのところに戻ってくるんですからいいですよ〜
もうかーえろっと ったく生意気なガキだね──
ああいうのが将来……(字幕には出ない)

グルグのひずみから復帰後

○ヴァン
まだ走れるだろ? もう少し遠くまで行くぞ

○ティナ
私──

○ヴァン
まいいや 細かいことあとにしろよ 逃げられるうちにできるだけ逃げるんだ

悲しき雪のひずみに入る

○ヴァン
空が飛べればひずみも通らないで済むのにな あ 飛空挺って空飛べる乗り物──知ってるか?

○ティナ
飛空挺……知ってる

○ヴァン
ほんとか?おまえの世界にもあるんだな オレさ──あれを手に入れるのが夢なんだ

○ティナ
夢……

季を隔てるひずみに入る

○ヴァン
この辺まで来れば大丈夫だろ
あそうだ オレ ヴァン ……おまえは?
う〜ん

○ティナ
あなたはコスモスの戦士

○ヴァン
ん? ああそうだけど

○ティナ
私を倒して

○ヴァン
え?

○ティナ
もう戦いたくないの
破壊の力なんてもう使いたくない だから──

○ヴァン
だったら戦わないで力も使わなきゃいい
別にオレがおまえを倒さなくたっていいだろ

○ティナ
どうして? 私はあなたたちの敵でしょ?

○ヴァン
敵だとか味方だとかそんなに気にすることか?
さっきオレ おまえが困ってたように見えた
だからおまえを連れてあいつから逃げたんだ
おまえがカオスの奴だってのはわかってたよ
でも別にそんなの全然関係ない

○ティナ
気にならないの?

○ヴァン
ならないな だって意味なんかないからさ
おまえが困ってたことにカオスもコスモスもないだろ?

○ティナ
でも私たち敵同士で戦うために呼ばれて

○ヴァン
うん 戦うために呼ばれてるのは知ってる
でもオレ自分の意思は捨ててないからな
オレはオレの意思でおまえを連れて逃げたし
ここで倒そうなんてことも全然思ってない
おまえもさ 難しく考えるのやめろよ
誰かの言いなりになってたってつまんないだろ?

季を隔てるひずみで1体撃破

○ヴァン
イミテーションにEXコアを取られる前に先取りしてやるんだ かっこいいだろ?

○ティナ
う……うん

季を隔てるひずみで南東に移動

○ヴァン
敵を吹っ飛ばした後追撃するのって何だかすごくかっこいいよな
空を飛んでるみたいな感覚っていうのかな 風切ってるようなさ──わかるだろ?

○ティナ
よく……わからないけどでも何となく──

季を隔てるひずみクリア時

○ティナ
あなたの意思は強いのね

○ヴァン
おまえも同じだろ
戦いたくないってしっかり思ってる

○ティナ
私の意思……

○ヴァン
この戦い きっとすぐ終わる
絶対にコスモス軍の勝ちだ
カオスが倒れればこの世界が安定する
そうすればオレたちもきっと元の世界に戻れる
だからおまえはそれまで安全なところにいろよ
戦わなくて済むところにさ

○ティナ
え?

○ヴァン
カオスを倒す前にオレがおまえを迎えに来る
そしたら一緒にコスモスのところに行けばいい

○ティナ
コスモスの……ところ?

○ヴァン
うん おまえもコスモスの戦士になればオレたちと一緒に元の世界に帰れるだろ?
じゃ そろそろ行かなきゃ
オレはまだ戦わなきゃならないからさ
おまえは安全なところでオレを信じて待ってろ

○ティナ
ヴァン

○ヴァン
なんだ?

○ティナ
私──ティナ

○ヴァン
じゃまたな ティナ

章終了前

戦いたくないという意思── それは本来この世界にあってはならないもの
だからこそ知りたかった 彼女が守りたかったものを……

攻略チャート

ワールドマップ

  • この章ではキャラクターがヴァンに。
  • ワールドマップに幽玄の道化が徘徊している。接触すると戦闘になる。攻撃しても戦闘になり、この場合相手のブレイブがゼロで開始する。
  • またこの章からは青いひずみが出現。何度でも挑戦できる。抑圧された闇のひずみがある。
  • その近くには赤い出会いと裏切りのひずみがある。

入手アイテム

EXチャージ (スタート地点付近の島の宝箱) 200ギル (北側の山あいの宝箱)  

出会いと裏切りのひずみ データ

  • 特に手強い敵はいない。
  • カオスのしるしに触れるとティナと戦いに。

入手アイテム

オレンジドロップ (宝箱)    

ワールドマップ

  • 進むべきは南西の雪山方面だが北へ行くと宝箱が取れる。
  • 雪山の奥にグルグのひずみが。

入手アイテム

スキル:ケアル (岩を壊して行ける島の宝箱) レザープレート (北に進むとある宝箱) グリーンドロップ (レザープレートの宝箱付近の宝箱)
スキル:EXチャージ (雪山の南側の宝箱)    /td>

グルグのひずみ データ

  • 赤い召喚石を調べると初めての召喚獣イフリートが入手できる。
  • 宝箱前のたわむれの死神は非常に強くよほど上手くやらないとまともでは倒せない。どうしても倒したいならショップで猛る勇気の意思(ブレイブが1400に)を買えばどうにか倒せるはず。もしくはオプションで難易度を下げよう。
  • カオスのしるしに触れるとケフカとの戦い。倒せばクリア。

入手アイテム

イフリート (召喚石) スラッシャー (宝箱)  

ワールドマップ

  • ティナが同行しアシストになる。西へ。
  • 広い雪原に青のひずみ「悲しき雪のひずみ」がある。
  • 雪原の丘のあたりにはモーグリの店が。
  • その先に赤のひずみ「季を隔てるひずみ」が。

入手アイテム

ロゼッタ石 (雪原の岩を破壊して行ける島の宝箱) ピンクのしっぽ (岬の宝箱)  

季を隔てるひずみ

  • 敵のレベルがどれも10を超え始める。
  • 南西方向のたまゆらの雷光は強いがHPが1なので速攻でHP攻撃を当てよう。
  • ボスなどはいない。混沌の烙印に触れるとクリア。
  • 2章自体もこの後終了となる。

入手アイテム

ピンクのしっぽ (北側の宝箱) 破壊の意志 (南側の宝箱)  

総合TOPディシディア012(DDFF)>第2章