FF15 セーブデータ

FF15攻略>セーブデータ


セーブデータの仕組み

FF15のセーブはオートセーブになっていて、拠点を訪れた時やイベントが発生した時に自動的にセーブされるようになっていますが、手動でもセーブできるようになっています。手動でセーブする場合、フィールドで移動中、OPTIONボタンを押して「セーブ」を選択すれば手動セーブが可能です。
セーブスロットは全部で10存在しますが、このうち、セーブスロットの01と02は自動セーブ枠になっています。そして03〜10までは手動セーブ枠になっています。自動セーブスロット枠の01と02に関しては、01が「拠点の移動、宿泊、チャプター終了時」に行われるもので、02が「一定時間経過、バトル終了時」に行われる、というようになっているようです。
自動セーブではない、手動でセーブできる03〜10まではプレイヤーの好きなタイミングで、好きに使うことができます。

これはタイトルでのロード画面ですが、解説の通り、上から二つの01と02が自動セーブスロット枠になっています。この2つには手動セーブは不可能となっています。上書きしようとしてもビープ音が鳴るのみです。
そしてその下の03〜10までが手動セーブスロット枠となっています。この8つ使える手動セーブ枠を活用していけば、選択肢が発生した時に別の選択肢を選びたかった、というような場合にも対応できます。

データベース


アイテムデータ


キャラクター


マップデータ


FF15攻略>セーブデータ